【めっちゃきつい】奨学金の返済を考えると死にそうになる

スポンサーリンク

f:id:noritoikioi:20180418154943j:image
いらっしゃいませ。

今はもう大学に行くのが普通の時代です。

そんな中2人に1人が奨学金を借りている現状があり、もちろんぼくも奨学金を借りています。

今日はそんな奨学金について教えます。


 

知っておくべきこと

大学の費用

国公立の初年度納付金約80万円

私立の初年度納付金約130万円

国公立だからといって決して安いわけではありません。
 

奨学金の現状

2018年、大学生の2人に1人が奨学金を借りています。

現在奨学金を返済している人の中で滞納している人が約32万人で、過去5年間で1万5千人が自己破産しています。
 

僕の場合

僕は大学入学と同時に奨学金を借り始めました。

金額は月5万円です。

しかしそれだけでは学費に届かないので、今まではアルバイトをしてまかなっていました(現在は休学中)。

返済は40歳まで毎月約1万5千円支払います。

借りる額は240万円、返済額は300万円の予定です。

正直死ぬほどきつい上に、やりたいことやって遊びまくる予定なのでとりあえず休学しました。それでも現在150万円ほどの借金があるのと同じ状況です。
 

スポンサーリンク
 

では一体返済できないとどうなるのか
 

返済予定を過ぎてしまた場合

延滞金が5%つきます。

返す予定なのにお金を渡せないとなると当たり前ですね。

TSUTAYAと同じです。
 

3ヶ月経った場合

ブラックリスト入りです。

個人信用情報機関という機関に名前を登録されて、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことができなくなります

返せる見込みのない奴に新たに金を貸すはずないですよね。

そんなことするのはウシジマくんぐらいです。
 

4ヶ月経った場合

債権回収会社が督促を始めます。

とうとう借金ぽくなってきましたね。

金融会社から依頼されて回収しにきて、自宅訪問や会社への電話もあるそうです。
 

9ヶ月経った場合

裁判所から一括返済を求められます。

一括返済とは貸与金・利子。延滞金全ての返済が求められ、自己破産する人はだいたいこの段階で破産します。

自己破産の例↓

このように自己破産してしまう人が年々増えていっています。

自己破産すると、住宅ローン・教育ローン・車などの資産を失います。

さらに奨学金を借りる際に保証を人的保証にしているかたは親族に迷惑をかけることになるのです。
 

借りないのが一番

ここまで知った上で奨学金を借りている大学生は一体どれほどいるのでしょうか。

僕はこのままだと奨学金に縛られる生活をするはめになると思い休学しましたが、実は退学することも視野に入れてました。

理由はこんな借金してまで大学に行く意味がないと思っていたからです。

しかし大人たちに、

「大学は出たほうがいい」
「勉強頑張ったんだしもったいない」

などと助言をもらい、とりあえず休学を選びました。

本当に大学は出たほうがいいんでしょうか?

まだ僕の中で答えは出ていません。

奨学金は借金ですので、借りないことが一番です。

借金をしてない人に、借金をしている人の気持ちはわかりません。

現在日本学生支援機構で奨学金を借りている大学生は今一度自分の状況を考えたらどうでしょうか。

またのお越しを。

おすすめの本↓

「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおく本 (青春新書プレイブックス)

「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおく本 (青春新書プレイブックス)