【元患者が伝えたい】アトピー性皮膚炎の治し方

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

ぼくは赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎という乾燥などにより痒くなった皮膚を掻いてしまう病気でした。

皮膚の病気は残酷なもので、目に見えるのでイジメの対象になりますよね

ぼくも実際アトピーのせいで中学生の時にイジメられた経験もあります(イジメっ子はブッ飛ばしましたが、心の中で)

特に女の子は本当に嫌な思いをすると思うので、今日はアトピー性皮膚炎を治したぼくが治し方を教えます。

 

乾燥に注意

まずはお風呂上がりなどの乾燥しやすい時間に、徹底的に肌を保湿することをオススメします。

乾燥が直接の原因なのかはわかりませんが、ぼくは看護師であった母親が病院から持って来てくれたクリームを塗って治りました。

小学生の頃はお風呂あがり親に保湿クリームを塗られるのが嫌で嫌で仕方なかったのですが、中学生に上がると周りに見られるのが嫌だったので自分から塗ってました。

赤みが酷いところや掻きむしって血が出てしまったりしているところにはステロイド入りの薬を塗ってました。

僕も小・中学生の時はそうでしたがベタベタする感じが嫌な子供は多いと思いますので、オススメの保湿剤をご紹介します。

f:id:noritoikioi:20180525171314p:plain


これは水っぽくて、塗ってる感じがしないので是非病院でもらってください。


爪を切る

アトピーの困るところは「起きている間は掻かないように気をつけるけど、寝てる時はどうしようもない」ことです。

手っ取り早く解決できる方法が、爪を切ることでした。

細かくいうと、爪を切った後にヤスリで滑らかにしておくと掻いても皮膚が傷つかないので良いです。

ぼくが小学生の頃はもはや痒いところを掻くのが気持ちよかったので、「どうすれば爪を切っても掻けるのか」を考えてたほどです。

徹底的に掻かないようにしてください。親御さんはしっかり子供の爪を切ってあげましょう。


スポンサーリンク
 

運動をする

これは免疫力を高める意味でやるといいと思います。

単純に肌が傷つくよりも早く皮膚が回復すればアトピーでも目立ちませんので、かゆいからかくだけの人です。

ですから、運動して免疫を高めて肌の回復スピードを上げれば気にならなくなります

ぼくは中学生で野球部に入り、高校まで続けましたが、高校2年になる頃にはアトピーがほとんど完治していました。

アトピーのみんな、運動しよう。


アレルギーを知る

ぼくはホコリ・ハウスダスト・スギ・ヒノキのアレルギーで、しかも結構重症度の高いアレルギーでした。

アレルギー検査をして自分の肌が何に反応してるのかを知ってなるべく触らないようにすると良いでしょう。

まぁぼくはそれらのアレルギーに何かしらの対処をしたわけではありませんが笑


まとめ

以上、元アトピー のぼくがアトピーを治した方法でした。

ぼくの小学生時代と同じようにアトピーで悩む子供はたくさんいると思います。

また何か思いついたら記事にするので是非読んでください。

またのお越しを。

オススメ記事

www.noritoikioi.com


ぜひTwitterもフォローしてください↓

twitter.com