【つらい】大学生が遠距離恋愛でもラブラブでいるコツ3つ

スポンサーリンク
 

つらい大学生の遠距離恋愛についてまとめてあります


大学生では地方から上京して大学の近くに住む人が増えるため、意外にも遠距離恋愛をしている学生が多いです。

しかし遠距離恋愛はつらいと感じる人も多く、別れやすいです。

そこで今回は遠距離恋愛でもラブラブを続けるコツをご紹介します。

 

 

大学生の遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛のコツ①会う頻度を決める

遠距離恋愛で何よりもつらいのは恋人に会えない事で、会えないから寂しくなって悲しくなって別れてしまうのです。

解決方法としては会う頻度を決めてしまう事です。

1番つらいのは「会えるかも!」と思っていたのに会えなかった時なので、あらかじめ会う頻度を3ヶ月に1度のように決めてしまえば良いのです。

遠距離恋愛のコツ②他のことに熱中する

他のことに熱中してしまえば恋愛どころではなくなるので、遠距離恋愛のつらさが和らぎます

あまり良い解決方法とは言えませんが、つらさを和らげる方法としてはかなり使える方法ですのでおすすめです。

遠距離恋愛のコツ③織姫よりはマシだと思いこむ

良く考えて欲しいのが、七夕の織姫と彦星のことです。

彼らは1年に1回しかお互いの顔を見ることはできませんし、なんなら親からの反発もかなりあります。

そんな七夕よりはマシですよね。

遠距離恋愛は別れる原因になる

それでもやはり大学生の遠距離恋愛は別れる原因になってしまいますし、他に良い人が見つかればそちらが良く見えてしまうでしょう。

恋愛の技術として有名な単純接触効果というものがあります。

これは挨拶などの単純な接触を続けていると、だんだん恋愛感情が芽生えてくるという技術なので遠距離恋愛にはかなり大きなダメージです。

遠距離恋愛だとこの単純接触効果がなくなってしまうので、大学の異性など単純に接触している数が多い人のことが気になってしまいがちです。

もし遠距離恋愛でラブラブの状態を続けたいのであれば、自分から異性との単純接触の数を減らさなければなりません。

 

恋人が高校生・社会人の場合は?

遠距離恋愛をしている恋人が高校生社会人の場合は少し事情が変わってきます。

例えば高校生と遠距離恋愛をしている状況を考えると、高校生はかなり青春真っ盛りですしお金もないので急に会いにくるようなことはできません。

ですから高校生と大学生の遠距離恋愛はかなり厳しいと言えるでしょう。

逆に社会人相手の遠距離恋愛では車を持っている可能性もありますし、意外にも遠距離ということを感じないかもしれません。

ある程度の経済力は遠距離恋愛では大事になってくると思います。


異性の遠距離恋愛のアドバイスは聞くな

大学生の遠距離恋愛で1番ダメなのは異性の友達に恋愛のアドバイスを聞くことです。

アドバイスを受けようとした異性の友達はあなたのことが気になっているかもしれませんからきっと「早く別れた方が良いよ」なんて言うでしょう。

さらにその友達はきっと遠距離恋愛をしたことがないと思います。

遠距離恋愛をしたことがない人に遠距離恋愛のつらさはわかりませんので、アドバイスを受けようとしても無駄です。

そもそも遠距離恋愛でありながらラブラブを続けたいのに、異性に恋愛の相談をするなんてありえません。

絶対異性に遠距離恋愛のアドバイスは聞いてはいけません。

それでも遠距離の恋人に会いたいなら

大学生なのでどうしても遠距離恋愛中の恋人に会いたくなってしまうということもあると思います。

どうしても遠距離の恋人に会いたいのであれば、オススメなのは格安の高速バスです。

大学生なのであまりお金はないけれど、体力はあると思いますので高速バスでも十分だと思います。

大学生の遠距離恋愛まとめ

以上、ここまで大学生の遠距離恋愛について書いてきましたがいかがでしたか?

大学生の遠距離恋愛の数はかなり多いと思いますし、遠距離恋愛が原因で別れることになってしまった大学生もかなり多いはずです。

そんな中上手くやっているカップルもいますので、会えないからといって諦めるのではなくなんとか上手くいくように努力をしてみてはどうでしょうか。

またのお越しを。

/*コード埋め込み*/