【必見】大学生が一人暮らしするのにかかる費用を詳しく

スポンサーリンク

f:id:noritoikioi:20180511022315j:plain

いらっしゃいませ。

これから一人暮らしをする大学生のみなさん、
「早く親元から離れて遊びたい!」
「一人暮らしはちょっと寂しい…」
こんな風にいろいろ思うところはあると思います。

今日は大学生が一人暮らしをするのにかかる生活費や食費などの費用をどこよりも詳しく教えようと思います

 

一人暮らしをしている大学生の出費

f:id:noritoikioi:20180511022402j:plain

一番高いのはやはり学費

一人暮らしをするのは社会人or学生の2択がほとんどです。

社会人と大学生の違いは学費があるかないか

親の仕送りやアルバイトにも予算があるので、一人暮らしをする上で学費を考慮しないわけにはいきません。 




国公立は学費が低め

もはや当然の事実ですが、やはり国公立は私立大学と比べると学費が安いです。

入学費用を除いた単純な授業料では国立・公立ともに約53万円です。

しかし国公立大学とはいえ国からの補助金がだんだん減っているので、学費は年々高くなっています。

大学側もビジネスですので、これからも国公立大学の学費は上がり続けるでしょう。


私立大学の学費はやはり高い

文系学部でも100万円を超える私立大学は多いです。理系であればもっと高額な学費になります。

国公立大学と比べると倍以上の学費です。

こうなると仕送りなどの予算の問題で一人暮らしができない大学生もでてくると思います。

さらに医学部であればもっとかかるのでご注意ください。

スポンサーリンク
 

大学生の一人暮らしにかかる家賃

第53回学生生活実態調査の概要報告|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)という国が出している大学生の収入や支出に関する資料があります。

それによりますと、大学生の平均家賃は52820円です。

「え、思ってたよりも安い」と思いませんでした?

お金の価値観は人によりますが、やはり大学生がそこまでいい部屋を借りるなんてことはしません。

しかしこの家賃52800円というのは、全国各地の平均ですしアパートなどの部屋だけでなく「学生寮」も含まれています。

ですから純粋に東京のアパート・マンションなどの部屋だけの話ではありませんが、参考にはなるでしょう。


大学生の一人暮らしにかかる食費

生活費の中で欠かせない費用が食費です。

しかしやり方によっては節約ができるのが食費です

全国の一人暮らしをしている大学生の平均食費は25190円です。

1ヶ月を30日とすると1日840円未満で、大学生が頑張って食費を切り詰めていることがわかります。

大学の食堂などでは500円の定食が平気で売っているので、きっと多くの一人暮らし学生が我慢しているのでしょう。

大学生の一人暮らしにかかる娯楽費

やはり大学生といえども遊びたい盛りの人が多いと思います。

では一人暮らしの大学生の娯楽費は一体いくらなのでしょうか。

答えは9830円です。 

「これまた安い…」と思いました。1万円切ってるんですよ!絶対嘘でしょ!w

こんなの飲み会に3回も参加したらなくなっちゃいますよ。

きっとお金を使う大学生ばかりではないんでしょうね。しかも一人暮らしの大学生なんてなおさらお金を使わないのかもしれません。

「みんな偉いなぁ」って本気で思います。


一人暮らしの大学生の毎月の貯金額

一人暮らしの大学生は毎月どれくらい貯金しているのでしょうか。

学生生活実態調査の概要によると、去年の調査では13820円でした。

しかもこの額は年々増えています。

「大学生よ、しっかりしているなぁ。」が僕の感想です。

ちなみに僕は今大学を休学している大学生ですが、貯金どころか借金160万円のクズですw

見習わなければw

一人暮らしをしている大学生の出費まとめ

一人暮らしをしている大学生の支出は合計で120750円となりました。

内訳はこちらです

住居費   52820円
食費    25190円
交通費   3330円
教育娯楽費 9830円
書籍費   1510円
勉学費   1380円
日常費   6070円
電話代   3800円
その他   3010円
貯金・繰越 13820円
合計  120750円

こうなりました。

これから一人暮らしをする大学生は毎月12万円くらいはかかることを覚悟しておくと良いと思います。


スポンサーリンク
 

一人暮らしをしている大学生の収入

f:id:noritoikioi:20180511022438j:plain

仕送りは果たしていくらが妥当なのか

一人暮らしの費用を子供が全部自分で稼いでいるというのはなかなか珍しい話です。

地方から上京している大学生なんかは特に仕送りに頼らなければ生活できないことがほとんどでしょう。

日々の生活費はやはり仕送りにかかっていますが、そんな仕送りの平均額はいくらなのでしょうか。

2017年度の仕送りの平均額は72980円でした。

72980円という仕送りの金額は年々緩やかに減少しているそうです。

やはり親も厳しいんでしょうね。子供の仕送りに遊ばせてやるようなお金を送る余裕はなさそうです。


アルバイトで稼いでる学生も多い

一人暮らしの大学生のアルバイト収入は28770円でした。

この記事を見ている大学生は「少なっ!」と思った人も多いでしょう。僕もそう思いました。

28770円なんていうのは週に1回働けばもらえる金額です。

まぁ学生の本分は勉強なのでアルバイトよりもしっかり勉強したほうがいいですし、親もそう思っているはずです。

一人暮らしの収入もう一つは◯◯◯

そう奨学金です。

年々減っているとはいえ、まだまだ奨学金で生活している人は多いようです。

2017年の一人暮らしをしている大学生の奨学金収入は20190円だそうです。

奨学金は借金ですのでご利用は計画的に。

一人暮らしの収入まとめ

一人暮らしをしている大学生の合計収入は123890円でした。

内訳まとめ

仕送り   72890円
アルバイト 28770円
奨学金   20190円
定職    130円
その他   1920円
合計  123890円


大学生の一人暮らしにかかる費用まとめ

以上、大学生の一人暮らしにかかる費用まとめでした。

これから一人暮らしをする人はしっかり予算を考えた上で準備してください。

またのお越しを。