【受験生】夏休みに遊ぶのはあり?[塾講師が答えます]

スポンサーリンク
 

受験生は夏休みに遊んでも良いのか?


「受験生だけどせっかく学生なんだし、もっと遊びたい!」
こんな風に考える受験生は多いと思います。

実際にぼくも塾の生徒から、夏休みはどれほど遊びに行って良いのか聞かれることは多いです。

そこで今回は受験生は夏休みに遊びに行って良いのか、塾講師の立場から書いていきます。

 

 

受験生は遊びに行ってもいいのか

まず結論から言うと受験生は遊びに行ってもいいです。

なぜなら受験は全て自己責任なので、遊びに行って受験に失敗しようが塾は全く関係ありません。

そもそも受験勉強というのは全て自分次第で、受験の結果は全て個人の努力に左右されます。

その人が勉強しなければ受からないですし、勉強すれば受かるという単純なゲームです。

しかし受験の結果は受かるか受からないかであり、頑張ったか頑張ってないかではありません。

遊びに行っても受かればいいんです。

遊ばない受験生の方が伸びる

もちろん遊ばない受験生の方が伸びるのは、間違いありません。

塾に通っておらず、勉強の方法もわからない受験生でない限り、基本的には勉強すればするほど伸びます。

「このままだと受からない」という危機感を持っているならば、遊ばないで勉強しましょう。

「勉強の方法すらわからない」という方には、徹底的に無駄を省いた勉強で有名なじゅけラボ予備校がオススメです。

高3の夏休みは受験生にとって超重要

高3の夏休みは中学生と違い、とても重要な期間です。

公立の高校を目指す中学生であれば夏休みに勉強しなくても、なんとかなる可能性はあります。

しかし高3で大学受験を控えた生徒は、夏休みが超重要な期間となりますので注意してください。

遊びたい気持ちはわかるけど

もちろん遊びたい気持ちはわかります。

ぼくが受験生の時も「夏休みはめっちゃ遊んでやる!」って思ってましたし、実際に遊んでました。

けれど行きたい学校があって、その学校でやりたいことがあるならば、遊ばないで勉強しましょう。

夏休みに遊んだせいで合格が遠ざかり、あとあとになって後悔しないようにして欲しいと思います。

受験生のバイトは遊びよりもダメ

ちなみに受験生のアルバイトは、遊ぶことよりもオススメしません。

アルバイトは勤務時間が決められてしまい、勉強する時間を確保することが難しくなります

さらにもらえるお金も少ない上に、疲れてストレスも溜まるので勉強に集中できるはずがありません。

アルバイトをする浪人生なんかは、合格できないと思います。

まだ遊びに行った方がマシですよ。


受験生の夏休みは遊ぶ頻度を決めよう

さて、ここまで受験生の夏休みの遊びについて書いてきましたが、受験生は遊ぶ頻度を決めましょう。

受験生は事前に遊んでも良い頻度を決めておけば、勉強を他の日でカバーできるのでオススメです。

週1で2時間カラオケとかはあり

「頻度を決めるって言われても、どれくらいが適切なの?」と思った受験生もいるかもしれません。

例えば、ぼくが塾の生徒にオススメするのは週に1度友達とカラオケに行くことです。

カラオケであれば30分単位で遊べますし、歌を歌うことで勉強のストレス発散にもなります。

このように短時間でもできて、なおかつストレス発散にもなるカラオケは受験生にとって最高の遊びになるはずです。

 

息抜きにデートしに行くのはあり?

彼氏・彼女がいる受験生は、夏休みにデートに行っても良いのでしょうか?

夏休みは花火大会やお祭り、海やプールなどリア充の受験生にとっては最高の季節ですよね。

そんなリア充の受験生は夏休み、息抜きにデートをするのはアリなのでしょうか?

恋人がいるなら息抜きのデートはあり

結論、息抜きにデートをするのはありです。

というよりも、本当に好きであれば我慢できずに恋人と遊びに行っちゃいますよね。

デートも友達との遊びと同じく、頻度を決めておいて電話で済ませるなどの工夫も必要です。

恋愛と受験の両立はかなり難しいですが、不可能ではありませんので頑張ってみてください。

受験直前の冬休みは遊ばないように

ちなみに受験直前である冬休みは、夏休みと違って風邪を引く可能性が高まりますので極力遊ばないようにしましょう。

この時期になると推薦で進学する方などは勉強などするはずもなく、遊びまくっているので羨ましくなります。

ぼくもそうでした。

ですがそんな誘惑には負けないようにして、絶対に合格するんだという気持ちを持って頑張ってください。

12月からは受験のことだけ考える

受験生は12月からは受験のことだけを考えるようにして、ほかのことは一切考えないようにしましょう。

本気で受験のことだけに集中して、必ず合格を勝ち取ってください。


受験生の夏休みの遊びまとめ

以上、受験生の夏休みの遊びまとめでした。

受験生とはいえ遊びたい盛りなので遊びたい気持ちはわかりますが、自分の将来をしっかり考えて行動しましょう。

後悔のない選択をしてください。

またのお越しを。

/*コード埋め込み*/