【炎上】1万円札を破いて切ってみたら怒られて大変だった

スポンサーリンク

f:id:noritoikioi:20180629165407j:image

この度生まれて初めて1万円札をビリビリに破いてみました

するとTwitterで怒られ、銀行で怒られ、親にも怒られ、いろんな人に怒られまくりました。

1万円札を破いたことがある人はなかなかいないと思うので、今回の炎上事件でその考察をしようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

法律的には大丈夫なの?

貨幣損傷等取締法

まず「それって犯罪だよね?」って話ですが、貨幣損傷等取締法によると、紙幣であれば犯罪ではないそうです。

もちろんしっかり下調べをしてから破いているので、安心してください。

紙幣は貨幣ではない

「どうして紙幣なら平気なの?」と思った方もいると思います。

実は貨幣損傷等取締法の貨幣はコインのことで、ぼくが破った紙幣は含まれないそうなんです。

ですから極論、紙幣は破いても平気だと。

もちろん他人の紙幣を破いたりした場合は、器物損壊的なやつでアウトなのでご注意ください。

つまり紙幣を破っても違法ではない

つまり1万円札を破いても、別に違法ではないんですよね。

もしこれから違法になるとしても、日本の法律では不遡及の原則なので平気です。

ですから破いても切っても、倫理的にはどうかと思いますが、違法ではないのです。


ぼくが破いた理由

ここからは1万円札を破いた理由を書いていきます。

お金の呪縛から逃れたかった

1番大きかったのは、お金の呪縛から逃れたかったってことです。

ぼくは奨学金を借りていますし、お金持ちでもないですし、むしろ普段は全然お金がないです。

でも世の中には、それこそ掃いて捨てるほどお金を持ってる人がいて、お金のことを気にしていない人もいます。

ぼくもそうなりたかった。

世界の95%のお金は5%の人間が持ってることを知っていますか?

それだけの格差社会で、かつお金は今とても大きな力を持っています。

そのお金から逃れた世界を一瞬でも体感してみたかったんです。

アンケート企画だった

毎月何か企画をやりたいと思っていて、Twitterでアンケートをとったんですね。

すると1万円札シュレッダー企画が1番票が集まったので、やってみました(結果めっちゃ怒られたけど)


破いた時の気持ち

正直そこまで特別な感情が湧いてきたわけではありませんでした。

思ったよりも普通でしたし、ただいつもよりお金のことをじっくり見ました。

全然もったいないみたいな感覚もありませんでしたし、普通の紙だなって思いました。

スポンサーリンク

 

 

破いたら怒られた

Twitterで怒られた

破って切ってTwitterに載っけたら、いろんな人たちから批判を受けました。

でも彼らはどうして怒ってるのか、ぼくにはよくわかりませんでした。

その1万円札はぼくのお金ですし、彼らは日銀で紙幣を作っているわけでもないですし、どうして怒るのでしょう。

例えばぼくが自分のゲームを壊しても彼らは「なにやってんだ」って思うだけで怒らないはずです。

けれどそれが、お金になると怒られるので、お金って本当に不思議ですよね。

銀行で怒られた

これは本当に申し訳ないです。

ぼくは破いた1万円札を交換してもらうために銀行に行ったのですが、銀行の方の業務を増やしてしまったことは申し訳ないと思います。

ちなみに1万円札は日銀でちゃんと揃っているか、偽札ではないかなどの鑑定をされて数日後ぼくの口座に振り込まれるそうです。

お金は稼いでも捨てても嫌われる

今回のことで、お金って面白いなって思いました。

めっちゃお金持ちの人は「拝金主義だ!」とかって言われて嫌われるし、お金を粗末にしても嫌われるのです。

良い経験となりましたが、もうぼくはお金を破るなんてことはしないと思います。

迷惑をかけた方々、本当に申し訳ありませんでした。

またのお越しを。