プロテインのおすすめランキング|選び方も教えます

プロテインをランキング形式でご紹介しています


初心者の方が筋トレをはじめてまず悩むのは「プロテイン多すぎてどれ飲めばいいかわからない…」ということ。

今日は数々のプロテインを飲んだぼくが、おすすめプロテインをランキング形式でお教えします。

  

2018年最新版 プロテインランキング

1位 海外で人気のマイプロテイン

f:id:noritoikioi:20180403190520j:plain



海外で圧倒的に売れていて、最近では日本人からもよく買われているマイプロテインがおすすめです。

味も美味しいし、コスパも5kg7000円で買える時があるほど安い

普通のプロテインが1kgあたり4000円すると考えればコスパの良さがわかります。しかもたくさんの味があるので好きな味があるはず。

僕の好きなナチュラルストロベリー味は一食あたり20gのたんぱく質が含有されていて高タンパク。

上のリンクから購入すると25%割引です。

2位 人気の国産ビーレジェンド

含有タンパク量74%

味良し・溶け良し・コスパ良しで揃えてきていて、マイプロテインの次に安いです。

しかもここはプロテインシェイカーもシンプルで使いやすい。僕もずっとこのリアルスタイルのシェイカーを使っています。

一食あたり20g以上のたんぱく質含有量で、1kgあたり2600円と破格でお財布も喜ぶ安さ。しかも安心の日本製。
 

スポンサーリンク
 

3位 海外人気が高いゴールドスタンダード

このゴールドスタンダードは甘くて美味しいプロテイン代表で、溶け具合も文句なし。

世界シェア1位のプロテインブランドとなっています。

しかも、タンパク質の純度が高いので質がいいプロテインと言えるでしょう。

たんぱく質含有量は一食あたり24gと高含有量。お勧めです。
 

 

4位 女性にも人気のウィダー 

この商品はホエイとカゼインの二つのタンパク質が配合されていて、吸収速度がゆっくりの体に優しいプロテインとなっています。

味も抜群に美味しくて、Amazonのベストセラー商品です。たんぱく質含有量は一食あたり14gです。
 

5位 人気のザバス

この商品は見たことがある方も多いでしょう。

おそらく日本で一番売れている商品なのかなと思ってます。

多くのスポーツショップで売られていて有名ですが、コスパがめちゃくちゃ悪くて学生には厳しい値段です。

ただ、味は美味しく溶けも悪くないので、僕も高校の時に飲んでいました。

たんぱく質含有量は一食あたり15g。

例外:ウィダー子供用

小学生くらいの子で、スポーツをやっていてプロ会陰を飲みたい子にはこちらのプロテインをお勧めしています。

おそらく子供用で一番美味しいプロテインで、安心です。

プロテインの選び方

味・タンパク量・溶け具合で選ぶ

プロテインは主に含有タンパク量・味・溶け具合・コスパで選びます。

含有タンパク量は一食あたりのプロテインにどれくらいタンパク質が含まれているのかということで、多ければ多いほど良いです。

味・コスパはその名の通りで溶け具合は水や牛乳によく溶けるかというのがポイントで、ダマにならないことが大事です。

プロテインの種類

ホエイ・ソイ・カゼインの3種類

プロテインの中にはホエイ・ソイ・カゼインの3種類があります。

ホエイプロテインは吸収速度が残りの二つと比べて速いので、トレーニングをしている方向けです。

カゼインとソイは吸収速度がゆっくりで、ダイエット向けの商品となります。

プロテインの飲み方

このようなシェイカーにまたは牛乳を入れて、プロテインを入れてシェイクします。

めんどくさい時はビルダー飲みといって、口に水を含んだ後プロテインを入れて口の中でダマにしてしまう方法があります。

プロテインランキングまとめ

プロテインは筋トレをしている人には必須なので、早く確実に成果を出したい方はぜひプロテインを試してみてください。

プロテインと同時にサプリメントを摂取することで、高い効果が期待できるので早く結果が欲しい方はぜひ試してみてください。

またのお越しを。

/*コード埋め込み*/